オンラインカジノの違法性【オンラインカジノ詳細.com】

オンラインカジノ詳細.com

オンラインカジノ詳細.com < 違法性

オンラインカジノって違法じゃない?

 オンラインカジノって聞いて気になる所は日本ではカジノは、まだ解禁されてないのでオンラインカジノって違法じゃない?

 そういう、不安のある方も多いと思います。

 結論から言えば、そうです。オンラインカジノも日本では違法です。


 ちなみに、日本ではパチンコも違法です。
 パチンコも違法行為なのに捕まったってことを聞いたことがありますか?

 パチンコは違法なのですが、法の抜け道を上手に利用して違法だけど捕まらないそんな状況にしてうまいことやってるのです。

 パチンコでは三店方式って方法で、違法だけど捕まえることが出来ない状況にしています。

 簡単に説明すれば、客がパチンコ店からパチンコ玉を借りてパチンコで増やす。

 客が増やした玉をパチンコ店で特殊景品と交換する。

 特殊景品を受け取った客は、景品交換所と言う、古物商で特殊景品を売って現金を受け取る

 古物商は景品問屋に特殊景品を売り、景品問屋はパチンコ店に特殊景品を卸す。

 客はパチンコで勝った場合は、知らず知らずに、パチンコ店、景品交換所、景品問屋の3店を経由して現金を受け取る形にしています。

 パチンコ店から直接現金を受け取ってないので パチンコは違法ですが、客もお店も捕まることがないのです。

賭博罪について

 さて、一方オンラインカジノは違法なのにどうして捕まらないのか?

 オンラインカジノの捕まらない前提条件は、運営が海外にあることが前提条件です。

 海外で運営されてるオンラインカジノであれば、日本の法律では取り締まれなくなるのです。

 日本では例えば、闇カジノや地下カジノなど言われる違法カジノがありますがそれらのカジノで捕まる場合は賭博罪と言われる罪が成立して捕まりますが、この賭博罪は、賭博を開帳した者(お店)と賭ける人(客)の2者を揃えて捕まえなければ成立しない罪です。
 オンラインカジノは、海外で運営されており、その国で合法的に運営されてるので賭博を開帳した者を取り締まることが出来ません。

 2者を揃えて捕まえないと成立しない賭博罪は適用されずオンラインカジノで罪を成立させることが出来ないのです。

 賭博は1人では出来ないので成立しないのです。

 他には、海外旅行でラスベガスに行ってカジノで遊んだ日本人観光客が捕まることは無いのと同様で オンラインカジノは海外で運営され海外にサーバーがあるので、旅行でカジノをしてると同じ状態です。

 オンラインカジノは刑法第2条、刑法第3条の盲点を突いた方法で運営されています。

 賭博罪は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。

 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。(刑法185条)となっています。

 開帳してる側が海外で国際法により合法的に運営されてるオンラインカジノの場合は 日本の法律では罪に問えないので、捕まることが無いのです。

 しかし、稀に日本でネットカジノカフェ摘発とかニュースになることがありますが、

 何故、その様なことになるかと言えば、海外のオンラインカジノを使ってお店のIDで客がその店のオンラインカジノでプレーして、使った金額をお店に支払い勝った場合はその場で現金を支払うと言ったシステムで賭博場は海外のオンラインカジノですが、開張は日本になるので2者が揃い 賭博罪が成立して日本の法律が適用されるのです。

 オンラインカジノをプレーする場合は、IDを他人に貸したり、代わりに買ってあげたりその様な特殊な使い方はしないように注意して下さい。
次のページ・・・イカサマについて

オンラインカジノ詳細.com

Copyright (C) 2018~ オンラインカジノ詳細ドットコム All Rights Reserved.